着物
 
 

着物の下着

着物を着る時に、意外と忘れがちなのが下着です。

いつものブラをしていれば良いと思いこんでいませんか。実は着物を着る時には、着物を着る時専用の下着があるのです。立体縫製された洋服を着る時は、胸がつんと出ていてウエストが引き締まったメリハリボディが理想的ですよね。

しかし着物を着る時は、胸とウエストにあまり差が無い方が良いのです。体のラインが曲線的だとキレイに決まらず、着崩れもしやすくなります。また胸も圧迫されて息苦しくなります。

着物を着る時に、補正と言ってタオルを何本も入れられた経験はありませんか。着物を着る時は、補正して平らなラインを保つ方が理想的なのです。

そこで着物用の下着をつけることがおすすめです。呉服屋さんや和装小物のお店などに置いてある事がありますので、尋ねてみると良いでしょう。ワイヤーなどの無いペタンとしたブラです。

立体的でないスポーツブラといった感じで、締め付けも少なく楽に着る事ができます。周囲が薄いレースになっているものなら、着物の上からもうつりにくくてオススメです。

ショーツも普通のものでOKですが、あまりお腹の上まで来るものはトイレの時に少々困ります。

ローライズの方が脱ぎ着しやすいですね。ただし浴衣の時は要注意です。最近の浴衣は生地が薄手で、光の加減によってはかなり透けて見えてしまう事があります。

ショーツもうつりにくいものを選び、生地の質や色によっては適宜腰巻を着用することをおすすめします。

 

着物関連メモ

v class="w">和装の肌着と下着とは(着物の基礎知識)|男着物の加藤商店www.otokokimonokato.com/kiso/kiso_hadagi.html - キャッシュ和装の肌着と下着. 着物姿をつくる時には目に見える着物や帯以外にも下ごしらえとして幾つかの小物があります。 日常着でいうと 、スーツを着るときのシャツの下に肌着を着るように、キモノを着るときも肌着を着ます。 キモノの場合は長襦袢が肌着の役割をする...
和装の肌着と下着とは(着物の基礎知識)|男着物の加藤商店

サイトメニュー
成人式の着物
IKKOの着物
着物とヘアスタイル
七五三の着物の着付け
着物の下着
会社
個人情報取扱
利用規約/免責事項
 
Copyright (c) 着物まとめWEB All rights reserved.